ポットマムを育ててみよう

可愛らしい花

<PR>
キクの育て方を大特集。
今年らしさ満点◎お庭にたくさんの「花」を咲かせる。

育てるコツ

キク

ポットマムについて

ポットマムはキク科の植物で、日本人にも馴染みの深い花と言えるでしょう。ですが、ポットマムは日本にあるキクとは違い、背丈も低く小さいのが特徴です。鉢植えで育てることができる、見た目が可愛らしい花として愛されています。基本的に多年草なので、しっかりと管理して育ててあげれば毎年綺麗な花を咲かせることができるのです。1年を通して管理すると良いでしょう。しっかりと花の世話をすることで、愛着も湧いてきます。育てるのが楽しくなってくることでしょう。

育てやすい環境

基本的に日当たりの良い場所で管理する必要があります。キク科であるポットマムの育て方としては、これがまず基本となるでしょう。1年を通して日当たりの良い場所で育てます。室内よりはベランダなど、室外で育てるのに向いている花です。また、ポットマムは寒さにも強いので、冬場でも外に出したままにしておくことができます。ただ、上記で説明したように日当たりを確保することが重要です。日の当たり具合によって花の咲き方が変わってきます。沢山花を咲かせるなら、たっぷりと日に当てるようにしましょう。

肥料と水やり

キク科の場合、寒い外気に晒すことによって沢山の花を咲かせることができます。そして、土には水捌けの良いものを使うようにしましょう。専用の土が販売されているので、初心者の方はそちらを利用するのがおすすめです。肥料に関してですが、できれば水溶性でないものが好ましいでしょう。水溶性の肥料は水で流れていってしまいます。また、チッ素やリン酸、カリを十分に与えることが大切です。水やりに関しては、土が少し乾いてきたらたっぷりと与えます。夏場は1日に2回が基本です。

花を咲かせ続ける

一旦花が咲き終わったら、早めに摘み取ってしまいます。そのまま放置してしまうと、種を作るために枯れた花が栄養を吸収するのです。枯れた花に栄養を吸われてしまうと、新しい蕾ができにくくなるでしょう。長くキクの花を楽しむなら、咲き終わった花を摘み取る必要があるのです。ですから、しぼんでしまった花は見つけ次第摘み取ってしまいましょう。また、花柄を鉢やプランターに放置してしまうと、病気やカビの原因となるので注意します。基本的に清潔を保つことが花を咲かせ続ける秘訣なのです。

チャレンジしたい方

菊

ガーデニングの基本

ガーデニングにチャレンジしようと考えている方は、このページで学んでおきましょう。ランキングを見れば、人気の花がチェックできます。また、ガーデニングの基本を身に付けることができますよ。

READ MORE
広告募集中